タバコ誤飲

 

 

 

・日本では子どもの誤飲事故が非常に多く、中でもタバコが最も多く、全体の約1/3を占めています。

・タバコで問題になるのは、ニコチン中毒です。タバコを食べてから30分〜4時間以内に吐き気・嘔吐・顔が青白くなるなどニコチン中毒の症状が出てきます。

・たくさん(体重10圓了劼匹發妊織丱1本)食べると命にかかわることがあります。

・食べたタバコが2cm以下で元気な場合、様子を見てください。

・4時間は観察して、顔色が悪い、元気がないなど症状がある時は、医療機関を受診しましょう。

・タバコを2cm食べた時や、タバコを浸してあった水をのんだときは、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。